ecfd0e6f2525eca5928b0361eaeb794f_s

働いている中で一番ネックになるのは、人間関係です。どんな職場であってもこの人間関係のない職場ってありませんよね。

割り切って働こうと思ってもそうできなくてモヤモヤしているあなたは、おそらく根がとても真面目な方なのでしょうね。

この人間関係をどうにかしようと奮闘していることが想像できます。私も以前働いていた時に、一人難しい方がいていつも気になっていました。

上司だったこともあったため、付き合いをしないわけにはいきませんし、何かこちらから意見を言えるような状況でもありませんでした。

同じように思っていた人も職場内にはいましたが、もうすでにタブーになっていました。

仕事というのは多くの人は生活がかかっていますので、人間関係に多少の問題があったとしても簡単に辞めることはできませんよね。

仕事イコール単にお金を稼ぎに来ているだけだと割り切ることが出来たら悩みのほとんどは解決してしまいますが、1日のうち1/3ほどの時間を過ごすのが職場ですからそう上手くはいきません。

そうなると人間関係を良好に保ったまま、仕事を続けるということになりますね。

この場合の人間関係にもよりますが付き合いが濃すぎて疲れるという場合、割り切って職場だけの付き合いにすると関係にひびが入り、働き辛くなるということも考えられます。

でも人間関係はほどほどにしたいと思っている場合に、距離感の近い人間関係の職場では本当に疲れてしまいます。

職場でも付き合って、就業時間が終った後にもお付き合いがあって、それでは疲弊してしまいますよね。

割り切った人間関係になりたいと思っていても、相手がそれ以上を求める限り、それなりに期待に応える必要はどうしても出てきます。

おそらくそれは今後の人生の中、仕事以外でもおおいにあることではないでしょうか。

もし職場でのお誘いが辛いと感じる時には、何回かに1回ははっきりとNOと言うべきです。

全てを断るのでは、今後働き辛くなることは考えられますから、自分にもプライベートがあるということを主張することは大切です。

そのためには曖昧な返答ではなく、あなた自身が自己主張する必要があります。もしそれで人間関係がこじれてしまうのだとすると、それはあなたではなく相手に問題があります。

あなたがNOということで、相手も少し今の人間関係に対して考え直すのではないでしょうか。

このままずっと働き続けたい職場だと思っているのでしたら、あなたが心のモヤモヤを抱えたまま働き続けるのは何のメリットもありません。

完全に人間関係を割り切ることは大人の対応ではありませんので、柔軟にあなたが対応していくことが大切ですね。