f7ea0dff576f6a5e624a2efe0fda62b1_s

人は一人では生きていけないなんて良く言います。でも生き死に問題が身近でない現代人にとって最も厄介な問題の一つが友人や同僚との人間関係だと思います。

人間関係って一度悩み始めるといつまでも頭の片隅から離れなくなってしまい、本当に頭を痛めますよね。もう無理・・・。もう限界・・・。という場合もあるでしょう。

お互い考え方も違うから明確な解決策があるわけではないし、特にそれが職場での人間関係であったりすると毎日のように顔を合わせないわけにはいかないし。

仕事を辞めてしまえば楽なのかも知れないですが、なかなか次の仕事をみつけるのも簡単ではないご時世ですしね。

ですので、今置かれている人間関係を少しでも楽にすることができるようなお話しさせて頂ければ思います。

人は、他者と関わる問題に巻き込まれた時、「①トラブルの原因となる相手⇒②環境⇒③自分自身」の順番で責任を転嫁し、変化を求める傾向にあると言われています。

具体的に例を挙げると、今働いてる職場で問題があったとして、「①嫌な同僚、②今の職場、③自分自身」ということになります。

①であれば同僚の他人の悪口ばかりいう性格を治して欲しいとか、②であれば異動、転勤したい(相手にして欲しい)と言ったことです。

でもこれって実際はすごく変化が起きにくいことですよね。①が注意して治るような人であればそもそも頭を悩ませるようなことにはならないでしょうし、②はもう人事とか運まかせです。

だから結局の所、自分が変わることでしか状況は変えられないということになってしまいます。

「①相手⇒②環境⇒③自分」で変化を望むのではなく、「③自分⇒②環境⇒①相手」の順でアプローチをしていくのです。

そこで、③の自分を変えるためには何ができるかという話なんですが、「自分を変える」なんて少し大げさな話に聞こえるかも知れません。

でも何も難しいことはありません。確かにあなたの性格や考え方を変えることは難しいかも知れません。変えるのは自分の「心」ではなく「行動」です。

要はストレッサーとの関わりを少しでも減らすことが大切なのです。

例えば特定の同僚や上司が苦手なのであれば、とにかくその人と関わる機会を少なくしていくことが肝要です。

苦手な相手が複数いたり、職場全体の雰囲気が悪い場合には、単純に接触頻度を減らすこと自体が難しいかもしれません。

その場合は特に苦手な人を1人をターゲットにして、その人と関わる時間を何とか少なくするだけでもストレスを感じる頻度はいくらか少なくなると思いますよ。

人間関係の問題は解決策のない問題です。

まずは自分がストレスの大本から避けるようにすること、そうすると周り状況も変わったり、あわよくば我慢しているうちに異動や転勤の話が出てくるかも知れません。

職場の雰囲気や苦手な相手との関係を良くしようと努力しようとしても骨折り損のくたびれ儲けになってしまうのが関の山だと思います。

だから勝てない戦はせずに、上手にストレスから回避ができるようになることをお勧めします。