0a4c9820dffaec1af314816692bc4f17_s

人間関係が辛くて転職を考えておられるのですね。会社は1日の大半を過ごす場所です。

その場所で人間関係が上手くいかないとなると、転職を考えたいと思うのも無理はないと思います。

人間関係が原因で転職するのは逃げでしょうかとのことですが、私は「逃げ」だとは思いません。

私自身、職場での人間関係で色々と苦労をした経験がありますので、あなたのお気持ちはとてもよくわかります。

嫌がらせをされたり、陰口を言われたりして、辞めたいと思ったことも一度や二度ではありません。

私のこれまでの経験を踏まえ、職場での人間関係に悩んでいる時の対処法や、転職時の注意点などについてお伝えさせていただきます。

少しでもあなたの悩みの参考になれば幸いです。

①職場のみの関係だと割り切る

一般的な会社であれば8時間労働+1時間の休憩時間と考え、1日の9時間を会社で過ごすことになります。

人間関係が辛い場合、その9時間はとてつもなく長く感じてしまうことでしょう。

ですが、職場というのは基本的には仕事をする場所です。

自分に与えられた仕事をしっかりこなせば、誰に何の文句を言われる筋合いもありません。

嫌な相手がいると憂鬱な気分になるとは思いますが、所詮会社だけでの付き合いです。

会社を出れば一切関わりを持つ必要はありません。

会社にいる間だけ我慢をすればいい、と割り切ることが出来れば、人間関係の辛さも我慢しやすくなると思います。

会社を一歩出たら、会社の人間関係のことは頭の中から追い出してしまいましょう。

会社は友達を作る場所ではなく、仕事をする場所です。

そう割り切ってしまえば、少し気持ちが楽になるものですよ。

②嫌な相手を客だと思う

私がよく使っていた方法です。

同僚、先輩、上司。同じ会社で一緒に仕事をしているからこそ腹が立ちます。

そこで、同じ会社の人間ではなく、取引先の客だと思うようにしていました。

もちろん客であっても腹は立ちますが、「客だから仕方ない」という気持ちになり、少しですが気持ちがおさまります。

③どうしても嫌な場合は転職を考える

それでもどうしても我慢できない場合は、転職をするというのも1つの方法だと思います。

どうしても自分には合わない職場というのは存在します。

あなたが今働いているのが、あなたにどうしても合わない職場であれば、転職もやむを得ないでしょう。

ですが、転職をした場合、また1から人間関係を築く必要があります。

どんな会社へ行っても、嫌な人間というのは存在します。

あなたと気が合う人だけがいる会社を探すというのは、とても難しいことだと思います。

その点についての覚悟だけはしておきましょう。

また、転職する際に、「前の会社を辞めた理由」を必ず聞かれると思いますが、「人間関係が辛くて辞めた」と答えることはお勧めできません。

人間関係を理由に辞めたと答えると相手にマイナスのイメージを与える可能性が高いからです。

退職の理由としては、「(転職先の仕事のほうが)自分の得意な技術を活かせると思った」など、出来るだけ前向きでプラスな理由を考えるようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

人間関係というのはとても難しいものです。

人は、人間関係で嫌な思いをした時に、相手の行動を変えさせたい…と思いがちですが、相手の行動や言動を変えさせるということはとても難しいことです。

相手を変えるよりは自分が変わることのほうがずっと簡単です。

相手が嫌な行動をしても、「この人はこういう人なんだ」、「こういう言い方しか出来ない人なんだ」と思って聞き流せるようになれば、ストレスも少なくなります。

嫌な行動をする相手のために、あなたが辛い思いをする必要はありません。

嫌な相手に振り回されず、ご自分のペースで職場での時間を過ごしてみて下さい。