01df0a3ba569f249a707362f3d0a71d7_s

「職場の人間関係が淡白すぎて、もっと関係を深めたいけどどうしたらいいかわからない」と悩んでいるあなたへ、まったく同じことで悩んだことのある私から少しお話しさせていただきますね。

私も今の会社に就職したときに、職場内の人間関係があまりに薄く、あっさりし過ぎているように感じたものです。

もちろん、仕事上の人間関係である以上ある程度の距離感は必要でしょう。

けれど、その距離が離れすぎていて非人間的な感じがしたんですよね。

とはいっても距離を縮め、関係を濃くするための方法なんてそうかんたんには思いつきません。

それでどうしたらいいか迷い、悩んだというわけです。

今のあなたも同じように感じているのではないでしょうか。

私がお伝えしたいことは、とにかく焦らないこと。

どんな職場であれその職場で働き始めてすぐに濃密な人間関係が生まれることはないでしょう。

最初のうちは、どんな人間関係でも淡白なところからスタートするにちがいありません。

それをより濃いものにし、より関係を深めていくためにはかなりの時間が必要なんですよね。

ですから、焦らず時間をかけて少しずつ改善していくよりほかありません。

では具体的にどうしたらいいのか。

私がしたことは、「ウマが合いそうな人を一人見つけて、その人とできるだけ親しくなること」でした。

職場のすべての人間関係を同じように深めていくことは至難の業です。

うまく行かないことが当然予想されますよね。ですから、そんな高いハードルに挑むのは賢明ではありません。

けれど職場内の誰か一人との関係を濃いものにしていくことは、それほど難しくはないでしょう。

私の場合は、なんとなく親しみを感じられるある先輩に積極的にコミュニケーションを取るようにしました。

すると、話しているうちに、似たような趣味を持っていることが分かったんですよ。

趣味が似ているというのは、人間関係を深めるためにはかなり大きなポイントですよね。

別に一緒の趣味を持っている必要はありません。

食べ物の好みが似ているとか、旅行好きだとか、好きな異性のタイプが似ているようなことでもいいでしょう。

何かの共通点を見つけることができればそれをきっかけに関係を深めることができるはずです。

そのようにして、私はまず、一人の先輩との関係を深めることができたんですよね。

するとおもしろいことに、他の人との関係もいつの間にか以前のように淡白には感じられなくなったんですよ。

今にして思うと「人間関係の濃さが気にならなくなった」ということなんだと思います。

時間の経過に従い、最初のころよりは自然に関係が濃くなったということもあるでしょう。

そして、それが「ちょうどいい濃さの関係」と感じられるようになったと思うんですよね。

その最初に親しくなった先輩とは今はセクションが別になりましたが、プライベートでの付き合いが続いています。

また、今の職場の人間関係についても「ちょうどいい濃さ」と思っています。

これもあのときに悩み苦労したおかげだと思ってます。

私の話が参考になるかどうかわかりませんが、対処法を考えるためのヒントにしていただけると嬉しいですね。