d3862c94c02de6dc09b1100dc56a50bc_s

人間関係ってとても大切ですよね。職場の人間関係が良好か険悪かで、仕事へのモチベーションも、会社へ向かう時の気持ちも全く違います。

だからこそ、職場で良好な人間関係を築きたいというのは誰もが思う事なのです。

あなたがそう思うように、職場の同僚や上司も、快適で良好な人間関係でありたいと思っているんですよ。なので、実は職場の人間関係を円滑にする方法は、難しくはないのです。

では、どうすれば職場の人間関係を良好にできるかというと、まずは職場は仕事をする場所だという大前提を忘れない事です。

最優先されるべきは仕事であり、一緒に働く人たちは、仕事でより良い結果を残すために、お互い協力関係にあります。

その大前提を忘れて、良好な人間関係を築こうと、仕事以外のことを優先させて親しくなろうとするのは、上手な手段とは言い難いものです。

職場の人間関係だからこそ、まずは自分が与えられた仕事は責任を持ってしっかりと行うことが最重要。一生懸命仕事に向かう姿勢が、職場の人間関係を良好にするのです。

会社の仕事は一人だけでできるものではありません。あなたが担当した仕事だとしても、たくさんの人が関わりますよね。

まずは、そういった人たちとのコミュニケーションを密にとりましょう。仕事をスムーズに行うために必要なホウレンソウ、報告、連絡、相談に手を抜いてはいけません。

仕事は自分で判断することも必要ですが、抱え込んでしまうと、トラブルの元になりますし、連絡や相談を怠ると、職場の人間関係を悪化させてしまう危険性があります。

職場だからこそ、まずは仕事を通じてコミュニケーションをとることが重要なのです。メールだけではなく、直接顔を合わせて話すように意識しましょう。

そして、仕事を通じてのコミュニケーションの時に、感謝の気持ちを相手に伝えるのです。職場では人に感謝する機会がたくさんあります。

仕事でわからないことを相談した時、仕事で手の回らないことを手伝ってもらった時、雑務をしてくれた時、来客のお茶出しをしてもらった時、電話の応対をしてもらった時、他にも毎日たくさん「ありがとう」を伝える機会がありますよね。

仕事はとても忙しく、それぞれ役割分担が決まっていて、皆「これは自分の仕事、やって当たり前」と思いながら取り組んでいますが、それでも感謝の気持ちを伝えられると嬉しいものです。
ちょっとした一言が、会社の人間関係を良好にします。

社会人と学生の人間関係構築で最も違う点は、「仕事」という共通の目的があるかどうか。

学生時代は、自分が気の合う人と話していれば良かったのですが、職場ではそうはいきません。
苦手な相手だからと、背を向けることはできないのです。

だけど、職場には仕事があります。ある意味、人間力だけが勝負だった学生時代よりもずっと、人間関係を良好にするのは簡単なのです。

一生懸命仕事に打ち込み、謙虚さを忘れず、相手のことを考える思いやりを持ち、そして感謝の気持ちを丁寧に伝えること。

これが、職場の人間関係を良好にする方法です。大人として、当たり前の礼儀と責任感さえあれば、良い人間関係を築けます。