0db43aa2f298cce2c4d0302a4a02cfcf_s

いますよね、他人の悪口を言う人。私の職場にもいるんです。悪口が大好きな先輩方が。そういう人に話題を振られると困ってしまいますよね。

一緒になって悪口を言うのも嫌だし、だからといって、話に乗らないと今度はその人に自分の悪口を言いふらされそうだし。

仕事の悩みならいざ知らず、どうしてこんな下らないことで悩まなければならないんだ、と常々思います。

「そうやって影でこそこそ言うの、良くないですよ」とずばっと言えたらすっきりするんですけどね。職場内だとそうはいきませんものね。

私がお勧めする方法は、悪口を言っている人を褒めることです。

例えば、悪口大好きな人をAさんとしましょう。AさんがあなたにBさんの悪口を言ってきたとします。

BさんはAさんの上司かもしれないし、部下かもしれないし、気に食わない同性かもしれません。今回はBさんを上司として考えてみます。

「うちのB課長、何も考えずに無茶ばっかり言って~」なんていう悪口を言われたとしましょう。そうしたらあなたは、「Aさんが有能でしっかり者だから、課長も無茶ぶりができちゃうのかもしれませんね~」なんて言っておけばいいのです。

悪口を言う人というのは、他人を落とすことで自分をよく見せたいという欲求を持っている人が多いです。

ですから適当に持ち上げて自尊心をくすぐっておけば、まず敵視されることはないはずです。

ここで注意していただきたいのは、絶対にAさんと一緒になってBさんの悪口を言ってはいけない、ということです。

悪口が好きな人というのは他人をよく観察しています。だって観察しないと悪口のネタが見つけられないでしょう?

そして悪口好きな人は、高確率で噂話も大好きです。他人の情報を仕入れ、横流しするのも大好き。

だから、あなたが悪口好きのAさんと一緒になってBさんの悪口を言ってしまったら、Aさんはその悪口の発信者を自分からあなたにすり替えて、「○○さんがこんな悪口を言っていたよ」と周囲に触れ回る可能性があるのです。

これは最悪のパターンですので、気をつけていただくに越したことはないと思います。

実際私もこの方法で、日々先輩や上司からの悪口を受け流しているわけですが、正直私は面倒くさがりなので、悪口好きの人間が仕事上関わりのない相手だと極力接点を持たないという方法をとります。

そっと距離を置きます。そもそも悪口好きの人と関わりたくないですし。

私のそういうところも影で悪く言われているかもしれませんが、特に気にしていません。だって、悪口好きな人に評価されたって嬉しくないじゃないですか。

それに、影でどんなに根も葉もない噂を流されたって、自分に非がなければ何も怖くないのです。火のない所に煙は立ちません。

それでも稀に、無責任な噂を信じてしまう人もいるかもしれません。けれどそれは所詮、噂なんて信じる人がおバカさんなのです。大丈夫ですよ。

悪口好きな人と上手くやっていくことも大切かもしれませんが、もし上手くやれなくても大丈夫なんです。

悪口を言う人を不快に思うあなたは、きっと筋が通った、まっすぐな、優しい人なのでしょう。あなたのそういうところをきちんと見て、評価している人が、必ずいるはずです。

本当に頼りになるのはそういう人です。ですから、悪口好きの人間より、あなたを正当に評価してくれる人に意識を向けてはいかがでしょうか?

きっと安心して仕事ができると思いますよ。