74adc51447952b2607cfefb527746111_s

職場の人間関係が希薄なんですね。

会社でも楽しい人間関係を築いて毎日を充実させたいという気持ちがあったのに希薄なのは、がっかりしてしまいますよね。

私も新しい生活、新しい職場と意気揚々として働き始めたら、職場の人間関係が希薄で仕事関係以外の会話が殆どなく、寂しい気持ちになったことがあります。

だけど、職場の人間関係が希薄なのは、デメリットだけではありません。メリットだってあるんですよ。

後ろ向きに捉えると、会社の人間関係が希薄というのは、心を割って話せない、一緒に働く仲間なのに深いところで繋がれないとなりますが、前向きに捉えると、違った一面が見えてくるのです。

人間関係が希薄というのは、言い換えればプライベートと仕事の切り替えができているということ。

また、感情に流されず、冷静に仕事に打ち込めるということです。これは、とても仕事がやりやすい環境と言えます。

そして、人間関係が希薄というのは、一見皆冷たいような印象を受けますが、そうとは限らないんです。

それに、実は人間関係が密でプライベートにまで深くかかわるような職場の方がトラブルが起こりやすい場合があるのですよ。

例えば、一つの仕事で問題があり相談しようと思った時に誰に相談すれば良いのか。

人間関係が密で個人的に親しくしている同僚や先輩がいると、まずはそちらに相談するべきなのか、それとも仕事に直接かかわる先輩や上司にするべきなのか判断に迷い、間違った方法を選んでしまうというリスクが高まってしまいます。

それ以外にも、親し過ぎるがために、仕事する上で本当は必要がないような気遣いをしなければならない場面がたくさん出てきてしまうのです。

職場の人間関係が希薄なのは寂しいかもしれませんが、まずは仕事に打ち込んでみませんか?

あなたの職場は、仕事を覚えて自分が成長するには適した職場だと思うのです。

このような職場の場合、仕事を通じて時間をかけて職場の人たちを知っていくことが多く、もしかしたら、希薄というイメージとは違った何かがわかるかもしれません。

職場で最も優先されるべきは仕事。人間関係が希薄でも、仕事で協力することはたくさんありますよね。

その過程で、相手を助けたり助けられてたりする内に親しくなるチャンスは、これからいくらでも出てくると思います。

あなたは今悩んでいてとても辛いかもしれませんが、時間をかけて今の職場を少しずつ知って欲しいです。

それはもしかしたら年単位の長い期間かかることかもしれませんが、焦る必要はありません。

時間をかけて構築した人間関係は、きっとあなたの人生の糧となってくれるでしょう。